北海道上磯郡上磯町番外地

北海道コンサドーレ札幌とスキーとその他諸々。

一気に移籍情報が出ると頭が追いつかない

前回の記事でこの夏補強はしないのではという見立てをしていたら、今日一気に補強とレンタル移籍の話が出てきたのでびっくりしました(小学生並みの感想)。記事のタイトルは移籍情報が一気に出て思わず出た一言です。というわけでひとつひとつ思うところを書いていきたいと思います。

 

 

ミンテ、期限付きで名古屋へ。

2017年に加入以来主に最終ラインの要として活躍してきたミンテが期限付きで名古屋へ移籍することとなりました。今季は開幕当初こそ3バックの真ん中で相手の強力FWを抑え込むという役割を与えられていましたが、リーグFC東京戦、ルヴァン鹿島戦、リーグ清水戦と相手選手の突破をファウルで止めてしまい、前半戦だけでレッドカードを3枚貰うなど不安定なプレーが目立っていました。まあミンテ個人の責任というよりは後方のリスクを負って攻めるという戦術のツケがミンテ一人に回ってきて気の毒と言われれば気の毒なのですが……。

最近では専ら3バックの真ん中は宮澤が務めるようになり、クローザーには今季新加入の大八が入るようになり、かついざとなれば高嶺も最終ラインに入れるため、出場機会を失いつつありました。なので本人をプレーさせてあげるためにもこの移籍は致し方ないのかなと思います。

移籍先の名古屋はというと守備戦術のプロフェッショナルであるフィッカデンティ監督が指揮を執るクラブ。守備戦術に長けた名将の下でプレーできるのは本人にとってきっとプラスになるはずです。名古屋DF丸山の負傷に伴っての移籍なので、チャンスは十二分にあるはずなので頑張ってきて欲しいと思います。

ところで札幌公式に載っているコメントが、期限付き移籍に関わらず完全移籍のようなコメントなのが気になりました。恐らく今季を終えたら兵役のため韓国に戻らないといけないためこのようなコメントになったのかもしれません。最終ラインでチームを盛り立てる熱いプレーが魅力の選手で、個人的に好きな選手でもあるので、またいつか赤黒のユニフォームを着て戦うミンテの姿が見たいのですが、果たして。

 

岩崎、千葉への期限付きから鳥栖への期限付きへ。

2019年に京都から札幌へ完全移籍で加入し、2020年は湘南、2021年は千葉へ期限付き移籍していた岩崎ですが、千葉への移籍期末である2022年1月を待たずして鳥栖への期限付き移籍に切り替わることとなりました。

今季札幌以外の試合、特にJ2までは詳しく見れていないのでデータを見てみると16試合(うち先発7試合)出場、出場時間は636分と決して試合に全く絡めていないというわけではないんですが、未だノーゴール。守備に重きを置くユン・ジョンファン監督の戦術とは合わない部分があったのかもしれない。Twitterで千葉サポの発言を見ると岩崎は合っていなかったという話も見たので、実際そうなのかも。このまま千葉に居続けるよりは、より本人に合いそうなところで、という判断でこの移籍になったのかもしれません。

鳥栖は今季アグレッシブなサッカーを展開して上位にいるクラブ。前からプレスをハメに行ってボールを奪って攻撃、というのは札幌と共通する部分もあると思うので、鳥栖で出場機会を得て、成長してまた札幌でプレーして欲しいです。

 

檀崎、期限付き移籍で千葉へ。

ついこの間オーストラリア・ブリスベンから戻ってきたばかりの檀崎がまさかの再レンタルとなりました。ブリスベンからのレンタル延長の打診があった中で札幌に戻ってきていた経緯があったのと、単純にFWの駒不足という事情もあり、てっきり今季は札幌でやるんだろうなと思っていたので余計に驚きました。

岩崎が千葉を離れるタイミングでのリリースでもあるのでその辺の絡みがあるのかもしれない。なにはともあれブリスベンで培った技術でジェフユナイテッド千葉で夢を叶えて、再び札幌に堂々と戻ってきてほしいです。

 

遂にFW補強!ベルギーからミランを完全移籍で獲得!

FWの補強はせず現有戦力で乗り切るもんだと思っていたら、ウインドウが閉じるギリギリになって遂に来ました。スロベニア人・トゥチッチ ミランの加入です。

186cmという上背のあるFWなので、ジェイを欠くと大変だった空中戦の競り合いがなんとかなってくれそうな気がします。また、2020-21シーズンもベルギーでコンスタントに出場機会を得て二桁10ゴールを決めているというのも期待できます。今季新加入のガブリエルは前年試合の開催がない中での来日となり、コンディションをマイナスから作り直すところから始まり、結果出場機会を求めて福島へ移籍ということになったので、それに比べると即戦力としての期待は非常に大きいです。合流時期はまだ未定とのことですが、早くプレーを見たいですね。

あとはミランといえば赤黒の縦縞、日本の赤黒の縦縞といえば札幌なので、ミランという選手が札幌に来るというのはなんとも運命めいたものを感じますが、それは私だけか?

 

25周年記念ユニフォーム着用&販売決定。

移籍話とは全く関係ありませんが、コンサドーレ創設25周年ユニフォームの着用と販売が決まったそうです。また詳細なデザインは出ておらず、次節FC東京戦当日の発表とのこと。デザインは勿論コンサドーレの相澤ディレクターが手掛けているので期待は大。今スタジアムに着て行っているユニフォームが未だ2019年のものなので、デザインによっては買うかもしれない。リリースが待ち遠しい!

 

にほんブログ村 サッカーブログ 北海道コンサドーレ札幌へ
にほんブログ村