北海道上磯郡上磯町番外地

北海道コンサドーレ札幌とスキーとその他諸々。

2021 J1第11節 vs.仙台

www.jleague.jp

 

 

メンバー

GK菅野。DFは大八、駿汰、福森の3バック。MFは宮澤と高嶺の2ボランチ、右に金子、左に菅、チャナと駒井の2シャドー。FWはアンロペの1トップ。ベンチに大谷、柳、荒野、小野、ドド、小柏、ジェイ。FC東京戦で負傷離脱した小柏がメンバーに復帰しました。

 

前半

序盤から優勢に戦ったのは仙台。深い位置でボールを奪うと札幌のプレスをはがしながら攻め上がり、クロスを上げてチャンスを作ります。札幌にとっては嫌な展開が続くと、16分左サイドからのクロスボールにゴール前で待っていた加藤にボーレーシュートを決められ先制を許します。失点後、札幌は最終ラインからのビルドアップでボールを保持しますが、仙台の4-4-2のブロックを崩すことができず、縦や斜めのボール入れてなんとか打開しようとしますが、仙台の先を読んだ早いカバーに遭いをなかなか決定機らしい決定機を作ることができません。結局前半は1点ビハインドの折り返し。

 

後半

後半開始からボランチの高嶺に代えて小柏を投入。するとその交代策がハマります。55分にチャナティップが中盤でボールを奪うと、右から駆け上がった小柏にパス。小柏がそのままドリブルからシュートを放つとゴールネットを揺らし同点に追いつきます。さらに札幌は逆転を狙うべく68分に菅に代えてジェイ、岡村に代えてドド、宮澤に代えて荒野を投入。前半のメンバーからポジション、メンバーを大きく入れ替えます。札幌は終盤にかけて前線の選手にボールを供給していきますが、仙台もディフェンシブな選手を投入しペナルティエリア人海戦術で守るためスペースが生まれず攻め切れません。このまま試合終了かと思われた後半終了間際の89分、福森が右から蹴るコーナーキックからジェイが相手DFに競り勝ち頭で合わせると、ボールはゴールネットに突き刺さり遂に逆転します。札幌は勝利を掴むべく後半アディショナルタイムにチャナに代えて柳を投入。そのまま守り切った札幌が福岡戦以来、ホーム戦では開幕節横浜FC戦以来の勝利を飾りました。

 

苦しいゲームを救った2人の"救世主"

仙台のコンパクトな、そして出足の早い守備に苦しめられ、攻撃の形を作れず、しかも先制点を許す展開で非常に悪い内容の前半45分でしたが、後半から入った前線の選手が流れを変えてくれました。まずは小柏。チャナがボールを奪ってから、スピードを上げて相手選手の間にスペースに入り込みボールを受けると、そのままスピードを落とさずフィニッシュにまで持って行きました。やはりこの選手がいるといないでは本当に札幌の攻撃力が変わってきます。ルーキーながら本当に替えの利かない選手です。そして逆転ゴールを決めたジェイ。前節横浜FM戦でセットプレーからのヘディングシュートを決めきれませんでしたが、この試合では遂にジェイの高さが炸裂しました。仙台がゴール前のスペースを完全に埋めに来て流れから得点を取ることが非常に難しい状況の中、セットプレー一発で試合を決めてくれました。後半から前線の選手を大量投入し攻勢を強めましたが、この2人の救世主が札幌の苦境を救ってくれました。ジェイのゴールが決まった瞬間私はガチ泣きしました。

 

そうここは我らの"聖地"厚別

このゲームは聖地厚別開幕戦。クラブ草創期に不敗神話を誇ったこのスタジアムで、かつ苦しいこの状況で勝ち点3を獲ることができたのは本当に大きかったと思います。やはり聖地では何かが起こりますね。この大きな勝利を次に繋げていって欲しいです。

 

次も負けられない戦い

次節はアウェイでの湘南戦です。湘南は4月25日時点で15位。一方の札幌は14位、勝ち点1差の対決です。降格圏に怯える状況から脱し、上の順位を目指すためにも絶対に負けられない戦いです。ここ最近鬼門となっている神奈川でのアウェイゲームですが、鬼門を突破すべく攻め勝って欲しいと思います。求めるものは勝ち点3のみ。

 

にほんブログ村 サッカーブログ 北海道コンサドーレ札幌へ
にほんブログ村